健康になるための美容食品~イキイキ健やか~

ネバネバ効果

ナットウキナーゼの効果とは

ナットウキナーゼとは名前に入っている通り、納豆に含まれている成分の一つです。納豆菌が煮大豆を発酵させるときに産生する成分であり、納豆にしか含まれていないことが特徴です。ナットウキナーゼ自体はタンパク質分解酵素の一種で、1925年に日本人により発見・精製されました。有効成分がしっかりと報告されたのは1980年代と比較的最近の注目成分です。ナットウキナーゼの有効性とは血栓の主成分であるフィブリンを分解したり、体内で生産される血栓溶解酵素を増やす効果があることです。ナットウキナーゼの効果を発揮させるには、一日2000フィブリンユニット(FU)を摂取する必要があり、納豆1パックが50gであれば2パックほど食べれば摂取することができます。

血栓予防を効果的に行う方法とは

ナットウキナーゼによる血栓予防を行う場合は、血栓のできやすい就寝中や早朝での血栓溶解効果を狙い、夕食後などに継続的に摂取することが効果的です。しかし、毎日2000FU分の2パックの納豆を食べ続けることはなかなか大変ですし、納豆にはビタミンKという血液凝固を促進する物質も含まれているので、多少効果は相殺されやすくなっています。また、熱や酸に弱いので、チャーハンなどにアレンジして食べても効果は得られないというところもあります。そこで、ナットウキナーゼを効果的に摂り続けたいという人はサプリメントでの摂取がお勧めです。夕食後に摂取しやすく、熱にさらすこともないので、無駄なく簡単にナットウキナーゼを摂取することができます。